ライスミルクの紹介

多古米ライスミルク 「多古の恵 ライスミルク」

rice_milk

私たち日本人の主食は 「米」。おそらく、この世に生まれてから今まで

最もくちにしている食べ物ではないでしょうか。

最近、豆乳やアーモンドミルクなどの

植物由来ミルクが注目を浴びていますが、

この「多古の恵 ライスミルク」は多古米コシヒカリ100%を原料にしています。

お米が本来持っている自然な甘みや風味が感じられ、

他の植物由来ミルクに比べて親しみやすいのが特徴です。

「多古の恵 ライスミルク」は、

私たちのからだに一番なじむお米のドリンクなのです。

そのまま冷やして飲むのもよし。

「多古米純米焼酎 めでたいもの」で割るのもよし。

料理に入れたり、お菓子の材料としてもお使いいただけます。

さあ、始めませんか。

おいしいライスミルク生活。

栄養成分表(100gあたり)
エネルギー 45kcal
たんぱく質 0.8g
脂 質 0.1g
糖 質 9.7g
食物繊維 0.1g
ナトリウム 2.3mg
カリウム 11.3mg
カルシウム 2.7mg
ライスミルク注文
【お召し上がり方】

●牛乳や豆乳の代替として・・・
●料理の隠し味として・・・
●甘味量補助食材として・・・
●乳児の離乳食として・・・
●消化器系疾患の流動食として・・・
●アスリート向けのエネルギー源として・

千葉県多古町は古くから良質の米産地として栄え自然に恵まれた土壌が育んだ艶やか
なお米は献上米とし献上されていました。また「幻の多古米」、「寿司米」として 「多古米
は、おかずいらず」としょうされ多くのみなさま方にあいされています。

「酵素処理」「糖化」とは?

炊いたお米をよく咀嚼しているとだんだん甘くなってきます。これは唾液に含まれる酵素(アミラーゼ)によるものですが、これを強制的に行いました。お米のでんぷん質をブドウ糖に分解してお米本来の甘味を引き出しました。他の甘味料と比べ、自然でやさしい甘味が良質の多古米の風味とマッチします。

「多古米」とは?

千葉県多古町は古くから良質の米産地として栄え自然に恵まれた土壌が育んだ艶やかなお米は献上米とし献上されていました。また「幻の多古米」、寿司米」として 「多古米
は、おかずいらず」としょうされ多くのみなさま方にあいされています。

企  画:多古町異業種交流青年会 火曜会
名  称:清涼飲料水(米糖化液)
原材料名:米(千葉県多古町産)
内容量 :150g(プラボトル)
※賞味期限・・・要冷蔵(10℃以下)60日
製造者 :白州屋まめ吉株式会社
山梨県北杜市白州町台ケ原274-1※原材料について
アレルギー物質の主要7品目ならびに推奨20品目は一切含まれておりません。香料・安定剤・甘味料フリーの無添加・無調整・純植物性飲料です。
※千葉県立多古高等学校産コシヒカリ100%使用ライスミルクパンフレット

購入はこちら

たまこさん